• 送料無料
  • 包装不可

GOLLA ゴッラ ORION オリオン リサイクルポリエステル バックパック ( 13インチラップトップ )

PREV

NEXT

  • GOLLA ゴッラ ORION オリオン リサイクルポリエステル バックパック ( 13インチラップトップ  ) ブラック

    ブラック

  • GOLLA ゴッラ ORION オリオン リサイクルポリエステル バックパック ( 13インチラップトップ  ) ネイビー

    ネイビー

  • GOLLA ゴッラ ORION オリオン リサイクルポリエステル バックパック ( 13インチラップトップ  ) ソルト&ペッパー

    ソルト&ペッパー

  • GOLLA ゴッラ ORION オリオン リサイクルポリエステル バックパック ( 13インチラップトップ  ) ティーグリーン

    ティーグリーン

TYPE

数量

¥18,700(税込)

¥18,700(税込)

¥18,700(税込)

¥18,700(税込)

発送日目安:1~2日後

【商品コード】

  • ブラック:1119-005
  • ネイビー:1119-006
  • ソルト&ペッパー:1119-007
  • ティーグリーン:1119-008

TYPE:ブラック

TYPE:ネイビー

TYPE:ソルト&ペッパー

TYPE:ティーグリーン

特集ページ

日常使いに選ぶなら!サステナブルなGOLLA バックパック

GOLLAのベストセラー「Orion」バックパックシリーズ。

環境に配慮し、サステナブルなリサイクルポリエステルを使用しています。バックパック1つあたり、20個のペットボトルを再利用して作られています。モダンカラーとクラシックなスタイルを兼ね揃えたデザインは、ビジネス、トラベル、デイリーユースなどなど、様々なシーンで活躍してくれます。

はっ水加工で耐久性のあるリサイクルポリエステルと、細部に牛革を使用しています。最大13インチのノートパソコンが入るパッド入りPC収納部付きです。2つのジッパーで大きく開き、持ち物の整理整頓も楽々です。
フロントポケットは2つあり、ジッパー付きポケットの内側に小物ポケットもあります。側面には、内側にはっ水加工を施した500mlボトルが入るボトル用ポケット付き。ショルダーストラップは長さ調整可能で柔らかいパッド入りです。

発信国

FINLAND

サイズ

約W280×H370×D110mm

素材

リサイクルポリエステル100%、牛革

原産国

made in CHINA

仕様

■容量:11リットル
■耐久性が高く、はっ水加工のリサイクルポリエステルを使用
■細部に高品質の牛革を使用
■最大13インチ収納可能のパッド付きPC収納部
■2つのジッパーで大きく開くメインスペース
■メインスペースの内側にジッパー付き小物ポケット
■ジッパー付きフロントポケットと内側に小物用小ポケット
■便利なフロントポケット
■内側にはっ水加工を施したボトル用サイドポケット
■持ち運びに便利なパッド入り牛革ハンドル
■長さ調整可能なパット入りショルダーストラップ

ご注意

こちらの製品は、100%リサイクルポリエステルと細部に牛革を使用しています。正しい取り扱い、お手入れをしていただくことにより末永くお楽しみいただけます。以下の各注意事項を遵守してください。 

■製品の汚れはブラシや布などにより落としてください。 
■重い汚れの場合は、ぬるま湯と石鹸(マルセル石鹸など)を含ませた布で軽く擦って汚れを落としてください。 
■洗濯機や乾燥機はご使用しないでください。 
■濡れたバッグは室内で乾燥させてください。 
■革部分は水によりダメージを受ける場合がございます。ご注意ください。 
■防水クリームやスプレーをご使用いただけます。必ず目立たない所で、色落ち、シミ等にならないか確認してからご使用ください。 
■特に湿気の多いところでの、革製品と違う色のお洋服や製品のご使用はお控えください。変色や色落ちの可能性があります。 

ブランド・プロフィール

GOLLA(ゴッラ)

GOLLA(ゴッラ)

「デザイン、ライフスタイル、サステナビリティの交差点で革新を起こす」ことを目指し、1995年にフィンランド西海岸のKollaにて誕生しました。モバイル市場等で製品の累計販売数5,000万個を記録したのち、2016年にシティユースのバックパックコレクションを発表。2018年にイタリア・ミラノの高級百貨店ラ・リナシェンテのウィンドウを飾りました。翌年、美しさとサステナブルの両立を目指し、20本のペットボトルを再利用して作られるバックパック"Orion"を発表。2021年には再生プラスティックのみで作られた製品を生み出すことを目指して切磋琢磨を続けています。