8,800円以上のご注文で送料無料(通常送料580円)
ムーミンの日エコバッグプレゼント中!

萩原健太郎のDESIGN FROM SCANDINAVIA 第13回

北欧に造詣の深い、ジャーナリストの萩原健太郎さんをお招きして、北欧デザインやライフスタイルについてうかがいます。毎月1回、第4金曜日の更新です。


第13回

キャンドルの光と癒しのある光景


一般的に、日本では南向きの部屋が好まれますが、夕日が糸を引くように長く続く北欧では西向きの部屋が好まれます。
光が移ろう様子は、なかなかドラマチックです。
ペールオレンジとペールブルーが折り重なったような空は徐々に紫に、そして「ブルーモーメント」と呼ばれる空一面が透明度の高い青に染まる時間が訪れます。
 
ちょうどその頃、各家庭の窓辺にはキャンドルが灯され始めます。
北欧の家ではカーテンがかかっていても、開け放されていることがほとんどなので、空の青の濃度の深まりとともに、キャンドルの炎が際立ってきます。
そして、やがて家族が集う幸せなシルエットが浮かび上がります。
キャンドルは、幸福度が高い北欧の象徴ともいえるでしょう。

 

ちなみに、来日する北欧の人々は、帰宅中の通勤電車の煌々と照らされる蛍光灯の下、居眠りをしている会社員らを見て、カルチャーショックを受けるそうです……。


Photo by Mayuko Kato

日本の家のなかでは、夜間でも昼間と同じような明るさを求める傾向がありますが、北欧では、夜ならではの光を楽しんでいるように思います。
 
僕もはじめて北欧の家庭にディナーを招待されたときには驚きました。
リビングやダイニングを照らすのに中心となる光はなく、部屋のコーナーのフロアランプや、ダイニングテーブルを照らすペンダントランプなどを適材適所に配置して、陰影を生み出すという感じです。
食事のときには、さらにペンダントランプも消して、キャンドルの光を頼りに食事を楽しんだこともありました。
最初は料理も隣の人の顔もよく見えなかったのですが、次第におたがいの距離が近づき、親密になれたような気がしました。
食事のあともそのままダイニングチェアに腰かけて会話を楽しんだり、ロッキングチェアに揺られながらフロアランプの光を手元に向けて本を読んだり、ソファに座って映画を観たり、めいめいがお気に入りの光の下、Hyggeな時間を過ごしていました。


Photo by Mayuko Kato


Photo by Mayuko Kato

北欧でよく使われるのは、「ティーライトキャンドル」と呼ばれる小さくて丸いものです。
リーズナブルなので、毎日大量に使うのに重宝します。
 
一方、オーガニック由来で、フレグランスとともに心身をほぐして癒してくれるマッサージキャンドルがあります。
日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、スウェーデンの「KLINTA」のマッサージキャンドルは、つくり手の姿勢とたしかな品質で注目を集めています。
週末、頑張った自分へのご褒美にでもいかがでしょうか?
 
パッケージもかわいいので、ホワイトデーにもおすすめです。


萩原 健太郎


萩原 健太郎

http://www.flighttodenmark.com
ジャーナリスト。日本文藝家協会会員。1972年生まれ。大阪府出身。関西学院大学卒業。株式会社アクタス勤務、デンマーク留学などを経て2007年独立。デザイン、インテリア、北欧、手仕事などのジャンルの執筆および講演、百貨店などの企画のプロデュースを中心に活動中。著書に『北欧の絶景を旅する アイスランド』『フィンランドを知るためのキーワード A to Z』(ネコ・パブリッシング)、『北欧とコーヒー』(青幻舎)、『にっぽんの美しい民藝』『北欧の日用品』(エクスナレッジ)、『北欧デザインの巨人たち あしあとをたどって。』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『ストーリーのある50の名作椅子案内』『ストーリーのある50の名作照明案内』(スペースシャワーネットワーク)などがある。


店長カトーより

 

今回の写真は、私がデンマークのFlensted Mobilesオーナーさんのお宅へ伺った時のものです。そういえばたしかに、ゆったりとした広い空間の中で、キャンドルの光を囲むように集まって膝を寄せ合いながらおしゃべりをしていたなあ、と懐かしく思い出しました。


13回にわたって北欧の生活や文化をご紹介いただきました、萩原健太郎さんによるコラム "DESIGN FROM SCANDINAVIA"は今回が最終回となります。ご愛読いただきありがとうございました。萩原さん、楽しい記事をありがとうございました。

 

店長・加藤


売り切れ

売り切れ

売り切れ

売り切れ

売り切れ

売り切れ

売り切れ

売り切れ

売り切れ
閉じる

メルマガ登録


メールマガジンにご登録いただくと、最新情報をいち早くお届けします!メルマガ読者限定のキャンペーンも不定期で行っております。ぜひご利用ください。