HOLMEGAARD(ホルムガード)

HOLMEGAARD(ホルムガード)

1825 年にデンマークに生まれた伝統あるガラスブランドです。HOLMEGAARD 社の歴史は、クリスチャン・ダンネスキョールドサムス伯爵が、コペンハーゲンの南西にあるホルムガード湿原地の炭田を燃料として利用するガラス工場の設立を国王に申請した 1823 年まで遡り、伯爵没後の 1825 年に、その夫人によって設立されました。創業当初は緑色ガラス瓶の製造のみでしたが、後にボヘミアンガラスの職人たちとともに透明なガラスのタンブラーやワイングラスの製造を開始し、さまざまなデザインを誇るワイングラスのラインナップは『ホルムガード』の代名詞となりました。1900 年代、多くの芸術家が手掛け始めるホルムガードの商品は、そのクオリティの高さからデンマーク王室御用達ブランドに選ばれました。一方で、照明・家具など多様なジャンルで活躍するプロダクトデザイナー、セシリエ・マンツをはじめ、現代を代表するデザイナーと協同して毎年多数の新作を発表し、伝統に甘んじることなく先進的な姿勢で躍進しています。また、熟練の職人たちによる吹きガラス製法で生み出されるユニークなデザインのガラス製品は世界中の美術館に所蔵されています。