Asas Tomtebod(オーサトムテボッド)

Asas Tomtebod(オーサトムテボッド)

1993年にAsa Gotanderにより設立。ストックホルムから南東へ車で4時間ほどに位置するrnaholmという街に工房を構えるAsas Tomtebodは、羊の毛を用いてスウェーデンの妖精「トムテ」を作り続けています。特に素材には強いこだわりを持ち、バルト海に浮かぶスウェーデン最大の島であるゴットランド島に生息する羊の毛「ゴットランドシープ」を使っています。ゴットランドシープは希少性が高く、高級感あふれるグレーの色合いに弾力性に優れたカール、しっとりと柔らかい感触が魅力。トムテの帽子と鼻に使用しているフェルトもすべて自分たちの手でこしらえています。