A. Kangasniemi(カンガスニエミ社 伝統工芸品制作工房)

A. Kangasniemi(カンガスニエミ社 伝統工芸品制作工房)

カンガスニエミ社は、1995年に設立。 オーナーのアリ・カンガスニエミは、子供時代から工芸品作りに親しみ、トナカイの角をメインの材料として独特のデザイン性と精密な技術で工芸品を作り続けています。 1960年代、1970年代においては工芸品作りは趣味の範囲を出ず、職業とみなされていませんでした。 生活必需品を手作りするのはここラップランドでは普通のことであったからです。 1981年、イレーネはベイッコ・ピーッポネンの元で工芸品作りを学び以来、現在に至るまで、長年にわたりトナカイの角を素材にした作品を作り続けています。 イレーネは手工芸とアートのさまざまな分野でトレーニングを積み、そのフィールドでの一人者として名前を知られています。 トナカイの飼育を生業とする祖父母を持ち、お祖父さんはトナカイの去勢を得意とする人でした。 スウェーデン、ノルウェー、ロシアを含めてラップランドでは、近年、トナカイの角を素材にして手工芸品作りをする人が非常に少なくなってきました。 その理由として、昔これらの手工芸品は生活の必需品でありながら店で買う事が出来なかったのですが、現在はそれが可能になったという点が挙げられるでしょう。 トナカイの放牧業自体も変化を遂げてきました。 交通手段としてのトナカイとそりはスノーモービルに取って代わるようになりました。 イレーネとアリ・カンガスニエミ夫妻は、工房を訪れるツーリストや訪問者に対しトナカイの角を使うという伝統工芸について、その歴史や技術を伝えてきました。 トナカイの放牧業はいまだにここラップランドでは大切な職業、生きる糧としての役割を果たしている産業です。 ラップランドにおけるトナカイの数は人口の2倍近くに及びます。 イレーネとアリは日常使える物を多種制作しています。 クライアントのアイデアを広げデザインの考案から独特の製品を作り上げるまでのサポートもしています。