THE BREW COMPANY(ザ・ブリュー・カンパニー)

THE BREW COMPANY(ザ・ブリュー・カンパニー)

THE BREW COMPANYは、2002年6月のある午後、革新的な創業者Ulrik Skovgaard Rasmussenが、壮絶にコーヒーが飲みたいにも関わらずコーヒーフィルターを切らしていたという出来事をキッカケにそのイノベーティブなドリンクを作り出しました。フィルターのかわりにティーバッグを使って淹れたコーヒーは惨憺たる味わいだったようですが、それに端を発して彼はコーヒーについて深く学び、世界でも石油の次に貿易商材であるコーヒーが、革新的なアイディアからは無縁であることを発見しました。そしてベンチャーを立ち上げ、優れた助っ人たちの力を借りながら、何千ものテストを重ね、プロダクトの完成を果たしました。彼らのプロダクトは、SIAL INNOVATION AWARDやiFデザイン賞など、世界的なイノベーションやデザインの賞を受賞しています。