KAHLER(ケーラー)

KAHLER(ケーラー)

1839年、ホルシュタイン出身の陶芸家:ハーマン・J・ケーラーは小さな陶芸工房を開きました。 これがケーラー社の歴史の始まりです。 1875年には息子のハーマン・A・ケーラーが工房を継承し、ケーラー社は本格的な急成長をとげました。 創業当時からケーラー社の陶磁器は世界中の展覧会や美術館で展示され、芸術性あふれる製陶メーカーとして国際的に認められました。 多くの著名なアーティストが意欲的に伝統を受け継ぎ、170年以上にわたってデンマーク陶芸芸術の最先端を歩み続けています。 そして現在、ケーラー社では伝統の陶芸作品から最高の作風を選び、それを現代風にアレンジした幅広いアピール力を備えながらも個性的な味わい方ができるポテンシャルの高い陶磁器を生み出しています。