Lott Hildebrand(ロット・ヒルデブラント)

Lott Hildebrand(ロット・ヒルデブラント)

Lott Hildebrandは、スウェーデンのルンドで土木技師になるための勉強中に製織の世界を知る。 ファブリックの世界をより探求するため、大学で1年間のサバティカルリーブを取得し、デンマークのカッターズ・アカデミーに学び、スウェーデンのOelandでいつくかの織物クラスに参加する。 こうして本格的にテキスタイル・エンジニアになるべくスウェーデンのBoras大学内のSwedishSchool of Texitilesで製織を学ぶ。 1994年、HildaHildaを設立する1年前に、テキスタイル・エンジニアの修士号取得のプロジェクトとしてのカラージャガード織りを始める。 HildaHildaのファブリックは、この時からLott Hildebrand独自のテクニックで製織されている。