Eero Aarnio(エーロ・アールニオ)

Eero Aarnio(エーロ・アールニオ)

1932年にフィンランド ヘルシンキに生まれ。 フィンランドのヘルシンキThe Institute of Industrial Arts で学び、1962年にエーロ・アールニオ自身のデザインオフィスをオープン。 10年間で2脚の最も有名なイス、ボール・チェア(1963)、パスティルチェア(1967)を生み出しました。 エーロ・アールニオの納得いく椅子作りで試行錯誤の上、行き着いたのがボールの形をしたボールチェア(グローブチェア)で、この当時(60年代)相当斬新なデザインだったボール・チェア(1963)は66年のケルン国際家具見本市(ドイツ、ケルン)で絶大な評判をうけ、様々な美術館からパーマネントコレクションのオファーを受けました。