Matti Klenell(マッティ・クレネル)

Matti Klenell(マッティ・クレネル)

1972年生まれ。北欧デザインのコンセプトである「形態と機能の融合」を革新した、スウェーデンの若手デザイナー。1999年に名門コンストファクを卒業。クレネルはユニークな方法で各デザインプロジェクトにアプローチしています。インダストリアルデザインのかたわら、ユニークな作品を展示する個展を開催しており、最近では2011年10月にストックホルムの"Galleri IngerMolin"で行っています。そのほか、2011年秋に、アアルト大学主催の国際ガラス吹きワークショップやカンファレンスに参加。2012年にはiittalaより発売したLempi(レンピ)がレッド・ドット・アワードを受賞しました。また、ガラスのみならず、家具や照明のデザインにも取り組み、BRIOやMuuto、K?llemo、またBals東京などとも協働しています。