Aino Aalto(アイノ・アールト)

Aino Aalto(アイノ・アールト)

アイノ・マルシオ(のちのアイノ・アールト)が、まだ無名の建築家アルヴァー・アールトの事務所を仕事で訪ねたのは1924年のことでした。二人は恋に落ち、結婚し、公私にわたる長いパートナー関係が始まりました。アイノ・アールトは、デザインに実用性と簡潔さを反映させることを目指していました。この理想は、都会化、大量生産、実用主義という1930年代の精神に合致し、現代にも受け継がれています。