Bjorn Wiinblad(ビヨン・ヴィンブラッド)

Bjorn Wiinblad(ビヨン・ヴィンブラッド)

デンマーク、コペンハーゲン生まれ。デンマーク王立美術アカデミーで学び、1946 年に Nymolle(ニモール社)で陶器のデザインを担当。その後、自身のスタジオを設立し、陶磁器やガラス、テキスタイルから、劇場や舞台美術、衣装デザインに至るまで多彩に活躍。いわゆる「デンマーク風」とは一線を画した彼のデザインは、シンプルさやミニマルさに馴染んだ北欧の人々を驚かせました。彼の作品はロンドンのアルバート美術館やニューヨーク MoMA など多くの美術館に所有されています。