Henning Koppel(ヘニング・コッペル)

Henning Koppel(ヘニング・コッペル)

ヘニング・コッペルは、裕福なユダヤ系の家庭に生まれました。幼少より美術において才能を発揮し、当初描画や水彩画を学びました。その後、国立デンマーク・アカデミーで、後にパリで、彫刻を学びました。子供の頃磨かれた彼の卓越した素描の技術は、彼のデザインを表わす多くの傑作を生み出す助けとなりました。27歳の時ジョージ ジェンセンで働き始め、そこで、ジュエリー、ホロウエア、フラットウエアのデザインを手がけました。最初の作品は、鯨の脊椎と微生物のような形をした一連のネックレスとリンクで連なるブレスレットでした。それらは、創造力に富んだ立体的モデルでした。彼のジュエリーは常に革新的で、彼の作品はシルバースミス工房で今までの40年間には作られたことのないようなものでした。1981年、63歳でこの世を去ったコッペルは、多くの家庭で使われているNEW YORK(ニューヨーク)に代表されるステンレススティールカトラリーから、1979年のジョージジェンセンの生誕75年を記念したシルバーとクリスタルのシャンデリアまで、驚くほど多岐にわたる作品を残しました。