Poul Kjaerholm(ポール・ケアホルム)

Poul Kjaerholm(ポール・ケアホルム)

1929年、デンマーク コペンハーゲン出身。 北欧を代表する、家具デザイナーの鬼才とも呼ばれる。 モダンで機能的な家具をデザインする事で知られ、さりげなさとクリーンなラインは高い評価を得ています。 ハンス・J・ウェグナーに師事し、フリッツ・ハンセンにて数多くのイスや家具を制作しました。 大理石やステンレスを多用した、美しい直線と柔らかな曲線によるフォルムが特徴的。彼の「機能の一部を形にする」という揺るがない信念により、そのデザインは余分なものがそぎ落とされ、時代を超越し、洗練され、かつ実用的なものとなっています。 1980年、51歳で死去。