• 包装不可

Moomin ムーミン HINZA ヒンザ グリーンプラスティックバッグS

PREV

NEXT

  • Moomin ムーミン HINZA ヒンザ グリーンプラスティックバッグS ムーミン / ライトブルー

    ムーミン / ライトブルー

  • Moomin ムーミン HINZA ヒンザ グリーンプラスティックバッグS スノークのおじょうさん / トロピカルピンク

    スノークのおじょうさん / トロピカルピンク

  • Moomin ムーミン HINZA ヒンザ グリーンプラスティックバッグS
  • Moomin ムーミン HINZA ヒンザ グリーンプラスティックバッグS
  • Moomin ムーミン HINZA ヒンザ グリーンプラスティックバッグS
  • Moomin ムーミン HINZA ヒンザ グリーンプラスティックバッグS
  • Moomin ムーミン HINZA ヒンザ グリーンプラスティックバッグS

TYPE

数量

¥5,280(税込)

¥5,280(税込)

発送日目安:1~2日後

【商品コード】

  • ムーミン / ライトブルー:1067-989
  • スノークのおじょうさん / トロピカルピンク:1067-990

TYPE:ムーミン / ライトブルー

TYPE:スノークのおじょうさん / トロピカルピンク

使い方いろいろ!サトウキビ由来のプラスティックバッグにムーミンのワンポイント!

1950年代にスウェーデンの家庭でひろく愛用されたプラスティックバッグのHINZA(ヒンザ)は、Perstorpというスカンジナビア最大のプラスティックメーカーが生産していました。近くの市場やスーパーへ買い物へ行く時や、少し車で遠出して湖や森などへ出かける時など、生活のあらゆるシーンでHINZAは大活躍していました。

時は過ぎ1960年代、安くて便利なビニール袋を人々は使うようになるにつれ、HINZAは次第に使われなくなっていきました。そして現在。HINZAバッグを作ったPertorp社創業者のひ孫Karinは、生まれた時から一緒に過ごしてきた、曾祖父との思い出のHINZAバッグを「より環境に配慮したエコアイテムとして、この使い勝手の良いバッグの良さを知ってもらおう!」と、サトウキビ由来のプラスティックを使用したラインを生産し、リバイバルを果たしました。

耐久性があり、再生可能で、防水で清潔、たっぷり収納できてインテリアとしても使えるシンプルなデザイン。グリーンの鉢としても素敵ですし、プールバッグにも最適です。使い捨てではないプラスティックバッグだからこその究極のエコアイテムを、ぜひあなたのアイディアでフル活用してください。

発信国

SWEDEN

サイズ

約W320×H210×D110mm(持ち手430mm)

素材

プラスティック(サトウキビ原料)

原産国

made in SWEDEN

ご注意

■耐荷重は10kgです。
■耐熱温度は-18〜50度です。
■生産過程の都合上、表面上に層状の模様が見られることがありますが、不良品ではございません。

ブランド・プロフィール

Hinza(ヒンザ)

Hinza(ヒンザ)

HinzaのバッグはHillerstorpのスウェーデンの街で製造されており、品質、環境、作業条件を慎重に選び抜き生産しております。この工場は、ISO-9001およびISO-14001規格に準拠した、環境および品質管理認証を所得しています。プラスチックバッグは長持ちし、耐久性があり、リサイクルが可能で、環境への影響を最小限に抑えます。現在、Hinzaバッグはスウェーデンだけでなく、世界中のデザインセレクトショップで販売されています。

作品・プロフィール

Moomin(ムーミン)

ムーミンは、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンのムーミン・シリーズと呼ばれる一連の小説および弟ラルス・ヤンソンと共に描いた漫画作品の総称。 もしくは、同作品に登場する架空の生物の種族名。 または、主人公(主要な登場生物)「ムーミントロール」の略称。 漫画は、1953年からヤンソン自身の作画によって、ロンドンのイブニング・ニュースに連載が開始。 途中からは実弟のラルス・ヤンソンが描くようになり、1975年まで作品が発表された。 日本語版は 1969年〜1970年に講談社から「ムーミンまんがシリーズ」として、1991年〜1993年にベネッセ(旧福武書店)から絵本コミックス「ムーミンの冒険日記」として、2000年2001年に筑摩書房から「ムーミンコミックス」として刊行された

著者・プロフィール

Tove Jansson(トーベ・ヤンソン)

トーベ・ヤンソンは1914年8月9日、フィンランドのヘルシンキで生まれました。 父は彫刻家、母は画家という芸術一家で、幼いころから絵を描いたり詩や物語を作ったりと、芸術に親しんで育ちました。 下に弟が二人いて、12歳年下の弟ラルスは後にコミック版ムーミンの共同執筆者になっています。 トーベが14歳のとき雑誌の子ども欄に自作の絵と詩が掲載され、15歳では早くも雑誌の挿し絵画家としてデビューし、その後もいろいろな雑誌に絵を描いたり美術展に作品を出したりと活躍し始めますが、時には持ち込んだ作品を出版社で断られることもありました。 19歳ではじめての本が出版されましたが、ムーミンの物語が書かれるのはもう少し後のことです。 「小さなトロールと大きな洪水」のもとになるお話は 1935年、25歳のときに書き始められましたが、このころフィンランドではソ連による空爆が始まり、世界は暗い戦争へと入っていきました。 トーベは雑誌の表紙にヒトラーを皮肉る絵を描いて親独派ににらまれたというエピソードもあります。 第二次世界大戦が終わった1945年、ムーミンシリーズの1作目「小さなトロールと大きな洪水」が出版され、その後26年の間にシリーズは9作書かれました。 1954年からはイギリスの新聞「イブニング・ニューズ」にマンガ「ムーミントロール」の連載が始まります。 トーベは6年間執筆し、あとの15年間は弟ラルスが引き継ぎ、コミックスは約60の言語に翻訳されて親しまれました。 トーベはムーミンシリーズだけでなく絵本、大人向けの小説、絵などたくさんの作品を次々に生み出し、国際アンデルセン賞をはじめとして多くの賞を受けています。 2001年6月27日、86歳でトーベは息をひきとりました。 生涯独身でしたが、周りにはいつも家族やいい友人たちがいました。 恋人や家族や友人の何人かはムーミンの物語のキャラクターのモデルとなっています。 ヘルシンキのはるか沖にある「電気も水道もない、歩いて8分で1周できる」小さな島の小屋で夏を過ごすのがトーベのお気に入りでした。 数々のムーミン作品が生まれたこの小屋は、今はムーミンを愛する人々が訪れる場所となっています。